So-net無料ブログ作成

The Beatles - Anna (Go to Him)  ビートルズ [ジョン・レノン]





ビートルズのカヴァー
ジョン・レノンがお気に入りだったこの曲は、ビートルズ初期のレパートリーの一つであり、その結果、1963年のデビュー作であるイギリス盤公式オリジナル・アルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』用に録音された。アメリカでは、ヴィージェイ・レコードが『イントロデューシング・ザ・ビートルズ』(1963年7月22日発売)に収録し、後にキャピトル・レコードが『ジ・アーリー・ビートルズ』(1965年3月22日発売)に収録した。ヴィージェイはアメリカで「アンナ」をEP「Souvenir of Their Visit: The Beatles」にも収録している。
ビートルズの録音は1963年2月11日に3テイク行った。マスターテイクはナンバー3である。2月25日にミックスされた。ジョージ・ハリスンはギターで独特なフレーズを弾いている。オリジナルではフロイド・クレイマーがピアノで演奏している。
Unterbergerはビートルズ版を評論の中で褒め称えている。
“リンゴ・スターは正確に、変わったドラムリズムとハイハットのクランチ(を繰り返している)。しかしレノンのボーカルはアレキサンダーは表現しなかったなかった苦痛が追加されている。とりわけそれはブリッジの終わりで彼が高音で泣き叫ぶところに顕著だ。ビートルズのバックボーカルは、付け加えると、優秀で、(アレキサンダー版より)より効果的である。”
音楽評論家のイアン・マクドナルドはレノンのボーカルについて別な意見を持っていて、それは「情熱的な青年が他人の曲に取り組んでいる」ように聞こえるという。
ビートルズは「アンナ」を1963年6月17日、BBCのラジオ番組、ポップ・ゴー・ビートルズ用に録音している。番組は6月25日に放送された。8月1日にもう一度録音され、8月25日に放送された。
多くの本で言われてきたように(マーク・ルウィソーンのビートルズ/レコーディング・セッションを含む)、レノンは風邪がひどく、結果としてこの歴史的に有名なセッションにおいて彼が担当した全てのボーカルで非常に荒く、不思議なトーンが生まれることとなった。それには、最後の曲、ツイスト・アンド・シャウトも含まれる。



血糖値が気になる方のトクホ お腹の調子を整えたい方のトクホ  虫歯になりたくない方のトクホ カルシウム不足が気になる方のトクホ どの栄養素が足りないかわからない方のサプリメント
nice!(29)  コメント(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 29

コメント 1

くぼたん

いいなああ・・・・・
いつまでも語り継がれて欲しい

by くぼたん (2011-02-05 18:17) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。