So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

Dr. Robert - The Beatles ビートルズ [ジョン・レノン]





ドクター・ロバートは1966年に発表されたイギリス盤公式オリジナル・アルバム『リボルバー』に収録された曲。ジョンの作品である。ロバート・フライマン(Robert Freymann)というニューヨークに実在した"スピード・ドクター"(アンフェタミンやLSDなどを大量に処方してくれる医師のこと)と呼ばれる医師で、アンディー・ウォーホルなどニューヨークのアーティストの間では評判だった人物である。(チャールズ・ロバーツなる人物がモデルになったという説もあるがフライマンの説の方が有力)ビートルズのメンバーとは直接の面識や関わりはなかったが、ポール・マッカートニー曰く『ニューヨークをハイにし続けた男』をモチーフにしたドラッグ・ソングである。
ちなみにこの曲はアメリカではキャピトル・レコード編集版アルバム『イエスタディ・アンド・トゥディ』に収録されている。
この曲の最後はフェイド・アウトしているが、実際には最後まで演奏している。
この曲のモデルとなったロバート・フライマンはドイツ出身。麻薬の使用が問題となったため、1967年に医師免許を剥奪され、1975年にニューヨーク医師会を追放されて1987年に死去している。Wikipediaより



白衣 医師看護師通販シェア ドルマンおすすめコーディネート パンツ ボトムス衣服カタログ サロペット コーディネートアイテム デュベティカ お気に入りカタログ モンクレール 最新ファッションアイテム サンダル お気に入り履物
nice!(168)  コメント(5) 
共通テーマ:音楽

BEATLES - ディジー・ミス・リジー Dizzy Miss Lizzie [ジョン・レノン]





ディジー・ミス・リジーは、1965年にビートルズがカバーしてヒット。英国ではパーロフォン原盤『HELP! 4人はアイドル』。米国ではキャピトル・レコード編集版『BEATLES VI』に収録された。
ビートルズはデビュー以来アルバム中に何曲かカバー曲を収録していたが、この曲を最後にアルバムも自作(メンバー作)曲で固める(例外としてリバプールに伝わる春歌「マギー・メイ」が『レット・イット・ビー』に収録される)ようになる。そのためビートルズとしては最後のカバー曲となった。ただし、同時期に同じラリー・ウィリアムズ作曲の「バッド・ボーイ」が録音されており、こちらは米国で『BEATLES VI』に、英国では1年遅れてベスト版『オールディーズ』に収録されている。
ラリー・ウィリアムズのオリジナルではシングルB面であった「スロー・ダウン」も、前年にビートルズにカバーされ、ミニアルバム『ロング・トール・サリー』、CDでは『パスト・マスターズ Vol.1』に収録されている。
リード・ボーカルはジョン・レノンで力強いシャウトはジョンの若さそのもの。ジョンはプラスティック・オノ・バンドのライブアルバム『平和の祈りをこめて~ライヴ・ピース・イン・トロント』に収録された1969年のカナダ・トロントでのロックフェスティバルでこの曲を披露しており、お気に入りの曲であったことが窺える。
プラスティック〜名義での歌詞カードではDizzy Miss Lizzieと表記されている。

ビートルズ / ディジー・ミス・リジー

ビートルズ / ディジー・ミス・リジー
価格:2,800円(税込、送料別)



クリスチャンディオールをプレゼント ヴィクトリアシークレットが欲しい クロエ ブランド品をプレゼント フォーエバー21が欲しい H&M ブランド探し キットソン おすすめDX キプリング が欲しい キャスキッドソンをプレゼント
nice!(137)  コメント(3) 
共通テーマ:音楽

The Beatles - Dig It ビートルズ [ジョン・レノン]





ディグ・イット Dig it  は、1970年に発表されたビートルズの最後のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『レット・イット・ビー』に収録されたジャム・セッション・ナンバー。メンバー全員の共同クレジット(ジョージ・ハリスン&レノン&マッカートニー&リチャード・スターキー)名義としては初の歌詞入りの公式発表曲。
ゲット・バック・セッションでレコーディングされた、ジョンが歌う即興曲。原題はCan You Dig It?。
アルバム「Let It Be」収録ミックスは、ジョンが「ライク・ア・ローリング・ストーン(ボブ・ディランの曲名)」連呼後、FBI、CIA、BBC、B.B.キング、歌手のドリス・デイとマット・バスビー(当時の英国プロサッカークラブマンチェスター・ユナイテッドFC監督)が登場。そして「Dig it!」を連呼する部分が使われた。 最後に “ジョージ・ウッドの「キャン・ユー・ディグ・イット?」でした。次は『ほら、天使がやってきた』という曲をやります。” というジョン・レノンのおしゃべりが繋げられた。
楽器はビリー・プレストンがエレクトリックピアノ、リンゴ・スターがドラム、ポール・マッカートニーがピアノ、ジョージがギター(フェンダー・ストラトキャスター)、ジョンが6弦ベースをコード弾きしている。同名映画ではジョージ・マーティンがシェイカーを振っている姿が見える。
ちなみにレット・イット・ビー・ネイキッドボーナスCD『フライ・オン・ザ・ウォール』で聴かれる「Dig It」は、発表テイクの別テイクであり、そこでは演奏の後で、アルバムに収録されることになるジョンの声が収録されている。Wikipediaより

【送料無料】The Beatles - Let It Be[洋書]

【送料無料】The Beatles - Let It Be[洋書]
価格:2,344円(税込、送料別)



弓道上達グッズ通販道場 ウエイトリフティング通信販売ジム 綱引き必勝法用品通販 ゲートボール用品販売ブログ ボウリング上達用品通販ブログ スポーツ応援サポーター・テーピング用品 インハビタントをネットショップ通販 クロックス 新作激安通販
nice!(138)  コメント(3) 
共通テーマ:音楽
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。